ギターを弾き語れ!をGravに移行しました

移行したと言っても、前からあるサイトを無くしたとかではなく、前のサイトも残しつつ同じ内容のものをGravで別に作ったという感じです。

前のは完全に前時代の作り方をしていまして、テキストをローカルで編集したものを、アップロードして、cssフレームワークやpjaxなどで飾ってはいたものの、更新がとても面倒くさいのはやむを得なかったわけですが、Flat-File-CMSであるGravがだいぶアップグレードしてまして、使いやすそうだったので試してみた次第です。

ギターを弾き語れ! – Grav

これがそのリンクです。Gravについては別に記事も書いてますので、ブログカードや関連記事などからどうぞ。

XdomainでGravを使ってみる
世間ではCMSというとwordpressとまず思いつくぐらいにwordpressは有名になり、いろんなレンタルサーバーでも簡単にインストール...

Gravのメリット

フラットファイルなので、データベースを必要としない。というのは結構なメリットです。データベース自体はおそらくかなり高速にデータのやり取りをできるはずですが、直接ファイルを編集したりが大変ですし、構造がわからないといじりようもありません。

フラットファイルというのは、そのまんまフォルダの中にテキストファイル(マークダウンで書かれたもの)があるということです。CMS(Contents Management System)は、いわゆるwordpressやpukiwiki同様、ブラウザ上から記事を投稿できたり管理することができるということです。

マークダウンとは、面倒くさいhtmlを一定のルールで簡単に書けるというものです。
例えば、見出しやリンクなどは、

こんなふうに書けます。

プラグインも、wordpressほど豊富なわけではないですが、それらしいものがそろっていて、小規模なブログや、サイト運営には事欠かないようです。

ギターを弾き語れ!を移行してみて

Gravについて出てくる情報の多くが英語のため、内容をまだ把握しきれていないというのと、もう少し作り込みたいという所もあって、今までのサイトの形式のほうが良いのか、Gravにしてメリットがあるのかどうかは何とも言えませんが、元があるのもあって比較的簡単にページは作れました。

wordpressの場合、たくさんのフックや関数があって、それらをPHPでどう操作するか、cssやjQueryなどを使ってどのようにスタイルするかが問題になりますが、多くはテーマによる所も大きく、1からテーマを作ることもできるもののとても面倒な作業になるために、何かしらのテーマを利用してそれをカスタマイズするという使い方が多いと思います。

GravはPHPを直接はあまり触りません。今回の作業中にもほぼ触りませんでした。しかし、別途テンプレート用に、twigyamlと言うものを知る必要がありました。

比較的簡単な書き方で色々できそうですが、その元になる配列などはphpによってバックグラウンドで処理されていたりするため、それがどんな値を持っているかなど公式のドキュメントで言うdebugの仕方がわからないとテンプレートすらいじれないかも知れません。

しかしそれらはまだ日本語でのドキュメントが少ないからであって、これらが翻訳されたりどこでも目に入るようになればもっと手軽に使えるCMSになるだろうと思います。

ギターを弾き語れ!について

最新のcssを使っていたりしますので、最新のモダンブラウザでご覧ください。スマホもデフォルトのブラウザではなくchrome等を利用して下さい。だいたいは見れると思いますが一部レイアウトが崩れるかも知れません。
またIEやedgeは言わずもがな無視してますのでご了承下さい。今後IEやEdgeに対応することはありません。

ギターを弾き語れは!は、初心者から中級者向けにギターをレクチャーしたものですが、今読み直してみると、自分はわかっていても初心者にこれがわかるかどうかという点でちょっと考えたりもしました。

色々とギターについての文章を追加したりもしましたが、家に既にギターがあっていつでもいじれるというような人以外は楽器を購入するというのは敷居が高いようにも思います。
そもそもどれを買えばよいのかもわからないでしょうし、どんなメーカーがあってどういう点が優れているとかもありますし。また個体差もあったり、やろうとしている音楽についてもそれぞれ異なりますから、読む人が最適な回答をえられるかどうかは何とも言えません。

しかし、昔と違って今はYoutubeなどで素晴らしい演奏を見ることができます。
僕らがギターを始めた頃は人が演奏しているのはTVでしか見れなく、またアイドル全盛の時代でしたから良い音楽というのは常に音だけであって、楽譜やCDから情報を拾ったり色々と試行錯誤しないといけませんでした。

特に僕のように完全に独学で覚えた人は、本来の弾き方というものに出会うのが遅く「そうすればよいのか」と言う答えにたどり着くまでに無駄な時間を過ごしていました。それでも弾きたいという気持ちがあったので、何とか覚えられたみたいのものです。

今は何でも調べられて、演奏している姿も見れ、ギターを覚えるのについてはだいぶ敷居が低くなったようにも思います。しかし、それでもあまりパッとしない今の日本の音楽を見るに、希薄になった情報が逆に情熱を冷ましているのかも知れないというのも思ったりしました。

それでもまだ、ギターを弾きたいという方は是非一度「ギターを弾き語れ!」をご覧ください。
僕が独自に見つけたコツみたいなものも書いていますので、もしかしたら何かしらの手がかりになるかも知れません。

昔から言ってますが、ネタが見つからないので更新は頻繁に行わないというスタンスのため、最新の情報や、高度なテクニックを紹介するサイトとは違います。

目的が女の子にモテたいというだけでもよいですし、今からなら文化祭でギターを弾き語ってしまって目立ちたいという目的でも良いです。それら目的は問わず、ギターという楽器に心惹かれた方は今すぐに始めて下さい。

長時間すれば弾けるというものでもありません。しかし長時間携わることによってわかることもあります。僕自身もFが押さえられず3度は挫折しました。まぁ小学生の頃ですが。

色々なアナタへ

大人になり、多少の小遣いもできて、時間に追われながらも何か趣味はないだろうかと思っているあなた。
ギターは最初にある程度出費がかさむだけで、後は替えの弦を買うぐらいです。1セット500円前後で売ってます。

楽譜が必要じゃないかと言うあなた。

楽譜はなくてもギターコードを掲載したサイトはたくさんあります。

使用頻度によっても異なりますが、ネックが歪んだり、フレットがすり減ったり、ペクがおかしくなってチューニングができないと言うあなた。

ショップでメンテンスできます。これはそこそこ費用がかかるかも知れませんが、車やバイクに比べたら僅かな出費です。

後はアナタ次第。覚えれば、いつでもどこでも誰とでも、音楽を演奏できます。聞いているしかなかったアナタが発信する側にまわれます。

明日から始めよう。来月から始めよう。とか思っているあなた。

せっかくの休日ですからショップに足を運んでみて下さい。目に付くのは何十万もする高級なギターでしょうが、車に比べたら断然安いです。

買っても弾くところがないからなぁというアナタ。

たとえ隣の音が筒抜けのマンションでも、小さく弾く事もできれば外でも弾いても良いんです。会社帰りにレンタルスタジオにこもっても良いですし、車の中で弾いても良いです。人に迷惑がかからないのであればどこでも弾けます。

何かに付け理由を付けてやらないというより、自分が購入する際に、ちょっと痛いなぁと言う程度のギターを買いましょう。どうやっても弾けなかったら売ればよいだけですし、昔と違って今はオークションサイトなどで個人売買もできます。

ただし、買う時は必ずショップで直に手にとって試し弾きをしてみて、気に入ったものを購入して下さい。ビンテージ物のギターならオークションというしか無い場合もありますが、できるだけショップで購入して下さい。

秋元康が言いました。夢は手を伸ばして届く1mm先にあると。
吉田拓郎が「流星」という曲の中でこう言っています。

流れる星は 今が綺麗で ただそれだけに悲しくて
流れる星は かすかに消える 思い出なんか残さないで

君の欲しかったものはなんですか?
嗚呼 僕が欲しかったものはなんですか?

君の欲しかったものはなんですか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする