ギターを弾き語れ! 再三に渡るアドレス変更の末、Xdomainへ

新しいアドレス: ギターを弾き語れ!

ギターを弾き方れ!は、(記憶が正しければ)1999年ぐらいからギター初心者から中級者の方へギターの弾き方とカポタストの使い方とかをレクチャーしようと始めたサイトです。
思い起こせば、作成当時はフレームとかを使っていたりして、最初の移転時にPHPとかを使い始め、何度かの移転をして現在に至ります。

現在では、cssFrameworkのHTML KickStartとpjaxを使い色々やっていたのですが、アップデートやらも滞っていたりして利用できない部分もいくつかありました。

まだ少し見なおしていますが、「簡易ギターコード進行移調プログラム」とか結構アクセスして頂いていたのに再三に渡るアドレス変更で申し訳ないことをしてしまいました。ここにお詫びいたします。

簡易ギター進行移調プログラムも2014年の夏頃にバージョン2.3.6を公開していたのですが、そこでも利用しているYoutubeの動画を自動的に拾ってくる部分のスクリプトが現在正しく動かない状態です。
これはまた別の記事で説明しますが、Youtube data API v2が2014年だったかに公開中止になり、v3が正規リリースと言うかそっちに移行してくれよと言われていたのに対応していなかったと言うのが理由です。

ひとまず、同じ機能を「ギターを弾き方れ!」の「サンプル」で利用しておりまして、それに解決の目処が付きましたので近い内に修正したいと思います。
機能的にはver2.3.6の前身となる簡易ギター進行移調プログラムバージョン2みたいに、テキスト中のギターコードがボタンひとつで移行するというものです。
ver2.3.6では、更に機能を進化させ、オンライン入力や、ローカルのテキストファイルのD&Dにも対応しています。

元々は4つのコード進行しか入力できなくて(ナンバリングなしver)、だいたいそれで当初はいけると想定していたんですが、もっとイケルはずだとやってみたのが最新バージョンになります。

ギターを弾き語れ!自体は、教本にはない方向性で書いてます。むしろ自分が独学でギターを覚えた経緯として「教本なんて難しすぎて初心者にはわかんねぇよ」と言うスタンスだったので、自分の言葉で、あるいは自分が覚えてきた方法などで書いてあるような感じです。
ただ、ある程度弾けるようになってから書いた文章なので、所々初心者にはわけわかんねぇよという内容もチラホラあります。

僕が考えるギターの練習法は、ギターを弾くことももちろんですが、それ以上に音楽の知識をある程度知っておく必要があると言う事が最初にあって、例えばギターコードにしても、ドレミとメロディーを弾くにしても、ギターの仕組みもそうですが、どの位置にどの音が配置されているかを説明するにあたり、そこは知っておかねばならないという音楽の知識をある程度詳細に書いてあるつもりです。
それらを理解した上で、もしくは理解しながらギターを弾く練習をすると言うのが重要だと思うんです。

ギターコードFを押さえるにあたり、Dm7が押さえられたらFも押さえられると言うのを信じますか?
CからAmにコードチェンジする時に、薬指を動かすだけで良いというのに気づいてますか?

こういう教本にない、重箱の隅をつつくようなしょうもないことまでが書いてあるギターレクチャーのサイトです。
興味がある方は是非、一度訪問して下さい。ちょっとぐらいは何かの役に立つかも知れません。

ちなみに、今現在、デザインも含め色々と変更している最中なので、読みやすさやその他諸々はしばらく我慢のほどよろしくお願いいたします。