簡易ギターコード進行移調プログラムver2.4.3の使い方(詳細)

さて、先日色々とアップデートをしてひとまず利用できるようになった、簡易ギターコード進行移調プログラムver2.4.3ですが、使い方がいまいちわからないとか、何するもの?と言われることもあろうかと、今日はちょっとばかりその説明をしてみたいと思います。

修正完了: 簡易ギターコード進行移調プログラムver2.3.6 ついでにアップデート
この前に当たる投稿で、現在、簡易ギターコード進行移調プログラムver2.3.6では、Youtubeに関係する部分に不具合があると言う内容を書...

まずおさらいで、どのようなことができるかと言いますと、おおまかには、ギターコードをボタンひとつで移調(キーの変更)をしてみようというプログラムです。
それに伴い、色々とキーを変更している中でより簡単な押さえ方(カポなどを利用して)が見つかるかも知れません。変更したキーごとにギターコードを表示することもできます。ただし完全網羅しているわけではないのでだいたいの所は見れるという感じですが、僕が普段利用するようなものは登録してあります。

準備としては、奇数行にギターコード、偶数行に歌詞(なくても良い)を書いて、プレーンテキスト(utf-8、拡張子を.txt)で保存したものを用意しておきます。ごく簡単な、あるいは短いものであればテキストエリアからダイレクトに書き込んでアップロードすることもできます(アップロードしたものを保存までは対応していません)。

テキストファイルは保存時に、曲名 アーティスト名.txtなどとしておくと、ファイル名からYoutubeの動画を探しに行き、候補を表示させます。その候補をクリックするとプレーヤーを埋め込んで再生可能にします。つまり、曲を聞きながらギターの練習ができるというスグレモノ(笑)

おおまかにはこんな感じです。

実際に試してみよう

練習曲として、SKEの不器用太陽をやってみましょう。動画の再生は以下から。

次に、以下の僕が耳コピした不器用太陽のテキストをダウンロードしてください。クリックしたらその内容が、保存する場合は右クリックから「名前を付けてリンク先を保存」等をして、更にwordpressではアップロード時にファイル名がmd5化(かな?)されるので、「不器用太陽 SKE.txt」となるようにして保存してください。これは後からでも構いません。

ファイル: 不器用太陽 SKE (右クリックで保存)

次に、簡易ギターコード進行移調プログラムver2.4.3にアクセスします。

アクセス直後は、サイトに何も変化はなく、左上にdropエリアとその下にテキストエリア、サイトの説明があって、右側はガランとしていると思います。タイミングとしては、Googleの広告が表示された後あたりから動作すると思うんですけれども、先ほどダウンロードしたテキストファイルを「Drop your file here!」と書かれているところに持って行ってください。すると、枠の色が変わると思うので、その段階でドロップ可能になっています。

ドロップされると即右側に、ファイルの内容が表示されます。歌詞の下には動画一覧が出ていると思います。何かしら動画を選択すると、プレーヤーが埋め込まれて再生可能な状態になっていると思います。で、動画を再生してイントロを聞きながらキーの上げ下げができるか試してみてください。
キーの上げ下げは右側タイトル下のTransposeから行います。

↑を押すと、キーを上げるのでコードは下がっていきます。
↓を押すと、キーを下げるのでコードは上がっていきます。

注) これは、オリジナルのキーに移調後のキーを合わせるためのものですので特別間違いとかではないです。

矢印を操作していくと、TRANSPOSEの下の行に 「original Key:E , Capo:4 , Play Key:C」と表示される箇所があると思います。これの意味合いとしては、「オリジナルのキーはEだけども、カポを4フレットに装着するとCで弾けるよ」と言う意味です。

この不器用太陽と言う曲は典型的というか、お手本のようなコード進行で、Eの時はcapo4と言う、言うなれば「ポルシェのエンジンはリア」とか、「綾波と言えばレイ」みたいなぐらいのコード進行ですから、おそらくcapo4でプレイするのが一番簡単で弾きやすいだろうと思います。
ただし、途中でdim(ディミニッシュコード)が出てくるので、ここが一番のネックかも知れませんが、たいして難しいコードではありません。

バラードということもあり、アルペジオあたりで弾くのが良いかと思いますが、ストロークでも雰囲気の出る感じです。

このように、動画の再生中でもキーの変更やコードの表示ができますので色々試すことが可能です。
是非、自分で色々とテキストファイルを作り、ギターの練習をして、夏休み明けには女の子にキャーキャー言われるぐらいに練習してみてください。

ギターそのものを知りたい、詳しくなりたい、練習したいと言う場合は、ギターを弾き語れ!で。

ギターを弾き語れ! 再三に渡るアドレス変更の末、Xdomainへ
新しいアドレス: ギターを弾き語れ! ギターを弾き方れ!は、(記憶が正しければ)1999年ぐらいからギター初心者から中級者の方へギター...