linux mintに何かと話題のBracketsをインストールしてみる

最近、テキストエディターを何にするかで色々と考えさせられている管理人です。
今の所、日本語を使わないのであればSublimeが一番使い勝手が良いのですが、どうしても日本語を使う場面もあったりするので、Atomにしようか、他に何かないものかと迷走しているわけです。

Atomは確かに、頻繁にアップデートもされていますし、ほぼsublimeと同じぐらいの設定もでき、かつ日本語も問題なく使えたりするわけですが、いかんせん重いように思います。
別に寝ログを検索するつもりはないのに、キーワードを入れてクリックしたら寝ログだったりして、あれ?どこかで見た画面だなぁと思ったりもするわけですが、最近寝ログでも何回か話題になっていますし、はてなブックマークでも、立て続けにBracketsの記事が入ってきたので、どんなんだろうと思ってはいたのです。

で、インストールをしようとソフトウェアの管理を見てみましたがBracketsがない!!
と言うことで、Bracketsをlinux mint17 cinnamonにインストールする方法を書いておきます。

Linux mintでBracketsをインストール(アンインストール)する方法

ターミナルを開いて、以下を入力します。

先ほど、ソフトウェアの管理にBracketsが無いと言っていましたが、無いのではなくリポジトリがないわけです。なので、リポジトリを追加して、そしてアップデート。しばし待って、アップデートが終わったらインストールと言うlinuxで言うと通常の流れでの作業になります。

アンインストールについては、同じくターミナルから、

これで消すことができます。

リポジトリが入ってしまえば、ソフトウェアの管理からインストール、アンインストールもできるようになります。

インストールされたら、メニューの「プログラミング」に入っています。

拡張機能等は、linuxの場合、/home/ユーザー名/.config/Brackets/extensions にあります。メニューのヘルプ→拡張機能フォルダを開くからも開けます。

使用感

起動については、sublimeと同等か少し速いように思います。
使用しているPCがあんまりハイスペックではないのでアレなんですけれども、使用中に若干重くなることもあったり。これは拡張機能をたくさん入れているからかも知れません。linterとかが重さの原因だろうとは思うんですけれども。scssを触っている時はそんなに重さを感じないので、重いと思う人はlinterを外すと良いかも知れません。
試しに拡張機能なしで起動させてみた所、普通に動くのを確認したので、重さの原因は間違いなく拡張機能だと思います。ハイスペックなPCを利用されている方は特別気にする所ではないと思いますが、core2duoぐらいのcpuでメモリも4GB程度だともしかすると、基本的な部分のプラグインだけを利用して、lintやコードヒント、あるいはスニペットあたりのキーを押すたび読みに行くようなプラグインは避けた方が良いかも知れません。

ちなみに、こんなブログもありました。
Adobe Bracketsのコードヒントが遅いので無効化

上記サイトで編集されているjavascriptファイルはlinux mintでは、/opt/brackets/www/extensions/default/JavaScriptCodeHints/main.jsだろうと思います。

操作に慣れていないからかも知れませんが、アレはどうするんだろう?と言う時にちょっと戸惑うこともあったりするんですけれども、慣れてくればこういうのは無くなっていくものなので、まぁ良いかなぁと。
linuxの場合、ウィンドウにタイトルが出てるので(windowsでもそうかも知れませんが)、メニュー下のファイル名はいらないなぁと思ったりもします。

Bracketsの各サイトリンク

Brackets公式
Brackets Github

スポンサーリンク

シェアする

フォローする