LinuxMint 17.2で埋め込まれたYoutube playerが再生できない場合の対処

例えば、Youtube公式では通常に再生できて、埋め込みplayerも再生できたりするのに一部の埋め込みplayerは再生できないことがあったりします。

Simplicityの公式フォーラムで、Youtube動画のレスポンシブ対応について質問があり、以前から自分が利用していたWordpressのプラグインである「Advanced Responsive Video Embedder」を紹介したわけですが、ほんの数日後にアップデートされて、以前はデフォルトで利用できていたlazyload(遅延読み込み)再生やcolorboxを利用したモーダル再生がそのままではできなくなってしまいました。
レスポンシブに動画を埋め込むことはできるので便利といえばそうなのですが、これまでが神プラグインだっただけに残念な状態になっています。

以前書いた記事は以下の通りです。

WordPress plugin Advanced Responsive Video Embedderのススメ
2015/07/26 追記 現在、Advanced Responsive Video Embedderはアップデートされて、基本的な部分...
うちでは、ブログカードで紹介している機能がデフォルトで利用できた状態の古いバージョンをバックアップしていたのでひとまず助かっていますが、アップデートは激しくオススメしません(公式サイトをきちんと読んでいないので状況がいまいちわかってはいないんですけれども)。

さて、で、紹介したほんの数日後のアップデートでアレな感じになってしまったので、何かしら他のものはないかと思っていたんですけども、探すのも面倒くさくなり、全く同じものはできないまでも、何かしらできないものかと色々やっていました。

で、jQueryにてYoutubeの動画アドレスをルールに則って入れたら自動で埋め込みプレーヤーにするというのをAdvanced Responsive Video Embedder等のcssをパクりつつ引用しつつやっていたわけです。
しかし、プログラム的には動作するだろうと踏んだ段階でiframeが読み込まれているのに動画が再生できない状態、世に言う「エラーが発生しました」状態になってしまったのです。

Chromiumで作業していたので、再生できないのは何故だといろいろ試していて、ふと、Firefoxで試した所、問題なく再生できるんです。もしかすると、adblock(実際はμblockを利用してます)か!!と思い、色々とChromiumに入ってる拡張機能とかを入れたり外したりやってたんですが、何をやっても解決しない。

あぁなるほど、flashplayerのバージョンが古いんじゃなかろうかと思ったりもして、ppapi版の最新バージョンを入れてみたりしたんですが、おい、待てよhtml5で再生するのになんでFlashなんだ?と疑問も湧いてきたり。

これらの作業をしている時に書いたのが、以下のブログカードの内容になります。

LinuxMintで最新のppapi flash playerをインストールしたのにブラウザで適用されない場合の対処
Google Chrome55あたりで、Flash playerよりhtmlを優先するように仕様が変わり、徐々にFlash playerはブ...

adblockでもなく、flashでもない、しかしFirefoxは再生できる・・・原因は何なんだ?とそりゃあ考えこみました。他に考えることはあるだろう?と他人から突っ込まれるぐらいに考えたわけです。

ふと、思ったのが、再生できない・・・あれ?codec入ってるのか?・・・と。

はい、それでは解決編に行く前に、以下の埋め込んだplayerが再生できるかを試してみてください。linux以外はたいてい再生できると思うんですが、LinuxMintを利用されていてChromiumを普段利用している方に、是非試してみて欲しい感じです。

どうでしょうか?サムネイルをクリックして、iframeが読み込まれ、「エラーが発生しました」が表示されずにスムースに動画が再生できましたか?
もし、動画が再生されない、動画は再生されるけど「エラーが発生しました」がチラリと見える等があった場合、以下の対処を是非試してみてください。
ちなみに、スクリプト自体はラフプログラムと言いますか、ひとまずの動作をさせていくにあたっての書き方をしているので綺麗なスクリプトではないですが、ここらはまた別の機会に説明します。

linux Mint 17.2でChromiumを利用している人が埋め込みYoutubePlayerを再生できない場合の対処

はい、それではいつもの端末(ターミナル)を開きます。

以上です。

つまり、Chromiumが埋め込んだYoutubePlayerを再生できない理由は、他にも色々とある場合が多いですが、今回の場合はcodecが無い、あるいは足りないと言うのが原因でした。これの恩恵として、例えばTwitterで短い動画がちょっと前から(ちょっとがどれぐらいかは覚えてませんけど)掲載できるようになりましたよね?これも再生できるようになります。

Twitterがいけるんだったら、おそらくGoogle+の動画とかも再生できるはず。「エラーが出ました」でお悩みの方は、一度お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする