ソラノヴァで迷う部分

攻撃力を上げる

トッププレーヤーの装備をみたりしているとやはりオレンジ装備でかつ強化も高く附魔も驚くようなオプションが付いているのがわかります。ソラノヴァと言うゲームはLv60まではチュートリアルみたいなもので、Lv68付近でそのLvの靴がはけてようやくチュートリアル完了という感じですが、まだその頃は物理・魔法攻撃は課金をある程度しないと15000程度ではないでしょうか?もしかすると1万前後かも知れません。

基本的に攻撃力を上げるためには装備の強化が重要ですが、忘れがちな要素に羽霊、幻獣、乗騎ポイント、ギルドスキル、星神力などがあります。例えばLv71になって★装備に変えていったり、あるいはオレンジ装備に変更したりと単純に攻撃力を上げる方法はあるのですが、ここであげた項目は素のキャラクター力を上げる要素なので、例えばLv60装備で優秀以上でかためておくだけでも3万付近の攻撃力を得ることができます(Lv70前後で)。

羽霊も精霊も1回金貨で言うと10万と費用がかなりかかりますので10NPで行う上級羽霊狩り等がオススメです。無課金では金貨での通常狩りになりますが大きく違うのは「かけら」の入手頻度です。かけらが15個集まれば「かけら交換」から「真・破軍の羽(物理・魔法攻撃+1600)」等が入手できます。500NPでも課金してあれば、初のチャージイベントで純白の羽が入手できるはずですから羽の外観も羽の攻撃力で変化したりします。

幻獣は進んで強化する必要はないかも知れませんがある程度キャラクターが強くなれば「遠征」で幻獣札等を集めれば何もしなくてもLv2の幻獣ぐらいにはなるはず。また時折行われるイベントでの幻獣札の配布も利用すればLv3ぐらいまではサクっと上がります。

もしイベントや、ある程度の課金でアバターが入手できれば、それも攻撃力を上げる重要なポイントです。モリア銀で強化したり珠花でオプションを付加することができます。アバターを数種集めればブローチを更に強化できるので攻撃力アップに繋がりますがそこそこの課金が必要かと思います。

無課金・微課金あるいは無課金で攻撃力を上げるためにはまず基本的に装備の強化と附魔、更に羽霊、乗騎ポイント、ギルドスキル、星神力は金貨で行えるので常に行える最大にしておくといいと思います。
装備で言うと、英雄ダンジョン、遠征、英雄聖殿、禁断の路等でもらえる「勇者の印」と交換に装備を整えると良いかと思われます。序盤はポイントも不足しがちですがある程度継続してやっていれば十分に足りるはずですし、その間にダンジョン等で自分のクラスの紫秀逸装備が手に入れば、交換した装備は同じくポイント交換の販売の方で購入金額の半分のポイントで売却できるので無駄にもなりません。

装備の品質が上がれば附魔の上限も上がったりしますのでオレンジ装備に附魔するのが一番強力なのは周知の通り。ただオレンジの附魔石や装備の進化はかなりの時間も労力もかかるので紫優秀以上で行う方が良いかと思われます。重要なのは序盤で附魔を行っても中盤以降で装備が変わればまた附魔を行わなければ良いオプションが付いていてもその値が低い場合があるのに注意です。

スカウトについて

ダンジョン英雄を選択する際にソロで行う場合はスカウトを雇うことがあると思う。この時注意したいのは、ペットのレベル。自分と自分のペットを基準にスカウトの能力が決められるため、なるべく高いLvのペットを引き連れて行くのが良い。参加させていなくても所持しておいて敵とエンカウントする時に参加させるのでもOK。

これらはスカウトのペットの能力をできるだけ高い状態にするためのものなのであまり気にしなくても良いが、まだ育成中のLvの低いペットの方がスキル的にも優秀という場合がある。

例えば、Lv50のマインデビルと育成中のLv40のピューレであれば、スキルレベルLv1のフレアボムだとしてもピューレの方がダメージは出るはずだし、複数攻撃で持続攻撃なのだからマインデビルの鬼火Lv3の単体攻撃よりは助かる場面もあるはず。
そういう時にまずはマインデビルで敵とエンカウントし召喚してピューレにすれば、スカウトはLv50のペットで戦闘に参加して自分のペットはピューレになる。ただし1ターン召喚で無駄になるのでそのあたりは戦略次第。

附魔について

最近イベントで附魔鎖がもらえて附魔したいところですが、これのやり方を失敗すると攻撃・防御等がエライことになったりするので附魔鎖の使い方を。

  1. 附魔を一度行うと最新の属性の欄に属性(オプション)が追加される。
    1. それで良い場合は「変換」でアイテムに属性を付ける。
  2. 附魔されたアイテムの現在の属性欄の属性の横にある鍵のアイコン、これをクリックするとロックできる(附魔鎖が必要)
    1. ロックした状態で附魔を再度すると新しい属性欄にロックした属性が出現する

最後の部分が重要で、もし仮に

現在の属性 新しい属性
物理攻撃MAX □
速度+60 □

こうあった時に、物理攻撃MAXを残したい場合は、右の鍵をロックする。そうしてから附魔を行うと、

現在の属性 新しい属性
物理攻撃MAX ■
速度+60 □
物理攻撃MAX
中毒能力+210
流血能力+105

と言う感じに、右の欄にロックした属性(オプション)が表示されるわけです。ここで変換を押して確定させると速度+60はロックしていなかったので上書きされるかと思います。

現在の属性 新しい属性
物理攻撃MAX ■
中毒能力+210 □
流血能力+105 □

確定後はこんな感じになるかと。

ペットスキルLv4

ペットスキルをLv4にするためには、神秘商店か禁断の路の古代神殿で低確率でドロップするペット秘伝書が必要であると説明には書いてありますが、ペットの成長に伴いLvアップ時に低確率でLv4になることもあります。
ここからは憶測ですが、一応説明しておきます。

Lv50以上ある方が良いかと思いますがレベルアップ用のペットを作っておきます。ペットの種族が違うと何か能力とかでも引き継げなかったりというのを聞くので、同じ種族が良いのではないかと思うわけですが関係ないかも知れません。
Lv50以上にペットを育てておく方が良いというのは、Lvアップごとに抽選があるとすればメインとなるペットとサブになるペットにLv差がある方が抽選回数が多いので結果的にスキルLvが上がる確率が上がるからということです。

ここは確かな情報ではないのですがスキルLvが上がる時「スキルレベルが2になりました」、「スキルレベルが3になりました」というように、「一挙にスキルレベルが3になりました」とはならないことから、元のスキルレベルがあって、ペットのレベルアップ時に抽選していると言えるのではないかと思います。そのためLv差が必要となります。
ただし、一度失敗したとしても(例えばスキルレベル2で止まってしまった等)、入手が比較的簡単なペットであれば再度同じことを繰り返してスキルレベルを4にすることが可能であると言えると思います。あくまで確率の話ですので運に左右されるのですが、実際にこれでスキルLv4のペットを作ることができます。

これらはペットが元々持っている帰属スキルに対しての話で、その他のスキルに対してはペット秘伝書が必要であることには違いありません。

転送書が便利に使える場面

Screenshot_from_2014-09-06 10:52:49
上の画像のように、いくつかのポイントに移動してクエストをこなしていくような場合、そのポイントが点在しているのでついつい転送書を使ったりするわけですが、だいたいクエストを受けるのに1つ、クエスト完了させるのに1つと2つは転送書を使うとして、画像の例(砂漠巨獣の調査8)なら見張りの水晶球を3つ使用するために転送書が3ついると考えられます。
すると、クエストを受ける完了で2つ、クエストをこなすのに3つと合計5つ必要になります。このクエストは毎日行うもので、レベルアップによってクエストの場所が変わらない限りずっとですから、転送書もバカになりません。

VIPになっていて毎日数回あるいは特典で2枚とかもらったとしても転送書がなくなりがちな人は以下の方法でどうでしょうか?

この手のタイプのクエストは一番下の「転送」でまずワープします。その後、一番下から上に向かって「見張りの水晶球」を使用すると同じ場所でクエストが完了できます。と言うことは転送書が1枚で良いので、受けるのと完了で2枚+1枚の合計3枚で済むことになります。
他にもLv65クエスト「食料の準備」等もいけます。

ひとまずはここまで。
何か気がついたら追加していきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする