Simplicityを少し改造してみた part9-2 SNSボタンのカウント処理大改造の修復(2015年10月版)

Simplicity公式でもアナウンスがあったり、世間をそれほど賑わしていないもののの地味に広がりつつあるTwitterのSNSシェアカウントの件で、Twitterは別にどうでも良いもののpocketやその他Yahoo! Pipesに依存していたスクリプトがそのままではマズイということで、修正スクリプトを昨日半日かけて作りました(笑)

半日と言っても、ご飯の準備したり食べたりお風呂入ったり、二時間ぐらいテレビをつけた部屋でクロスワードしてたり、ほとんどが修正に対して関係ないことをしてたわけですけれども、ひとまず10月になる前に修正できたようで今の所はホッとしています。

本題

以前、以下のブログカードで書いたように、SNSのカウント処理を変更しました。これは、公式のやり方を踏襲しつつ全く違うアプローチをしているので、これを実装している人がいるかどうかは不明なんですけれども、実装している人がいてエラーが出て困っているというのはアレなので、修正した次第です。ウチだけだったら、SNSのシェアボタン非表示で済ますんですけどね(笑)

Simplicityを少し改造してみた part9 SNSボタンのカウント処理大改造
2015/09/30 追記 以下ブログカードの内容にこの記事の内容を更新しました。 またまたSNSボタンのカウント部分を改造して...

修復した内容はGitHubにアップロードしてあります。ここにあるファイルをひとまずダウンロードしておきます。javascript.jsとlibフォルダの中身全部です。

javascript.jsは、子テーマに追記します。新たに導入する場合は、親テーマのSNSカウントを処理している部分をコメントアウトしておく必要がありますので注意です。

追記したら、上部にある

この部分に自分のサイトアドレスを入れます。うちの場合だと、

こんな感じです。最後にスラッシュをお忘れなく
ここでは、「http://自分のサイトアドレス/wp-content/themes/shimplicity-child/lib/」ここまでを作っています。なのでこのアドレス、つまりは子テーマのlibフォルダまでのパスですが、ここを異なる構成にされている場合はパスを書き変えないと(スクリプトの記述変更をしないと)いけません。

javascript.jsはこれだけです。間違っても子テーマのjavascript.jsと入れ替えしないようにして下さい。追記です。ファイル名とlibフォルダは、どこに追記するか、あるいはファイルを入れるかを示しているだけですのでファイル名等に意味はありません。

次に、子テーマのlibフォルダへダウンロードした各SNSのphpファイルをアップロードします。
これにより、ローカルでカウント処理をして、そこで出力された内容をjQueryのajaxを経由してシェアボタンのカウントに上書きします。

おそらく正しく動いているように思いますが、何かしら問題があるかも知れません。その際はコメントを頂けたらと思います。

で、昨日、公式の記事にもコメントしたのですがローカルで出力できるならajaxなんていらねぇって話になるんですけれども、まぁそこは色々と(笑)

今回の内容で、twitterの部分だけではなく、Yahoo! Pipesもサービス終了ってのが痛かったですね。
SNSの部分はシェアするためのボタンの機能があればそれで良いわけなので、特別カウント値が必要かと言われると悩む部分ですが、カウントがあるとちょっと何かしら手を加えられたりして面白い部分だっただけに、無くなる方向になると寂しい感じもします。

とりあえずSNSの会社グループはちゃんと意見交換などして、ボタンのサイズの基準みたいのを制定しろよと小一時間…。
横並びにした時に、段違いになるとかどうなってんだよ、キーッって感じですよね。各社のカラーといえばそうなんでしょうけれども、それだったらAPIとか準備しとけと更に小一時間…。

昨日、jetpackのアップデートがありました。
お、twitterの件を受けて何かしら新しい方法を編み出したか、さすがAutomatticと思ったんですけれども、中を覗いたら従来同様のcount.jsonでした(笑)
あかんやん、それもう使えなくなるやんと、このタイミングで何のアップデートしてんねんと、ひとりで突っ込んでいたりした秋の夕暮れでした(笑)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. hidekichi より:

    今しがたGoogle+のカウント取得がおかしかったのを修正しました