Youtubeに公開されている音楽動画に歌詞とコードを表示するサイトYouTabが良い

Screenshot_from_2015-02-28 23-12-24もろタイトルの通りなんです。

GIGAZINEの内容によると、Youtubeの(音楽)動画に自動で歌詞とコードをつけるという話しらしいですが、それがもし本当なら凄いことだと言うことで試してみました。

サンプル: YouTab 福山雅治 「泣いたりしないで」

YouTabの登録はGoogleやFacebook、SoundCloudのアカウントからできます。日本語のサーチもできます。その際は画面下あたりに出てくる「Search YouTube & SoundCloud for “keywords”」でYoutubeあたりを検索して動画を選択します。

検索して動画を選択するとしばらく処理に入ります(30秒前後)。その後、動画が再生されて歌詞はすぐにでないのか日本語に対応していないのか、あるいはどこかに歌詞のデータベースがあって、そこに登録がないのか理由はいろいろ考えられますが、ひとまずコードが表示されます。

コードが正しいのかどうかは試してないのでアレなんですが、正しいコード進行ではない場合、ログインして「Fix notation」から修正できる模様。

GIGAZINEにもありましたが、コード進行が正しいとかそうじゃないとかよりも、今選択した音楽動画から即座にコードをオンラインで抽出するという技術が驚きです。

ひとまずYouTabの紹介はここまでで、ここからが本文というか広告というかまぁそのアレです(笑)
Youtabのようなサイトが出現しておそらく今後より精度の高いコード抽出技術が開発されていくだろうと思います。しかしながらミュージシャンは自分のキーで演奏していることも多く、そのキーでは初心者には高すぎる、また低すぎるというような事も考えられるわけです。

そんな時に役に立つのがウチのサイト(滝汗

ギターを弾き語れ!はギター初心者〜中級者あたりにおそらく教本では書いてないようなアプローチでギターの弾き方を説明しているサイトで、特筆すべきはカポ(カポタスト)の使い方を中心にレクチャーしています。
簡易ギターコード進行移調プログラムver2.3.6は、歌詞とギターコードを入力したテキストファイル、あるいはブラウザ上で直接入力をすると、その場でキーを移調する事ができるサイトです。ちょっと最初は操作に戸惑うかも知れませんが自分的には案外重宝しています。また登録してあればギターコードも表示されます。だいたい主だったコードは入力してあると思います。

ギターやピアノなどで弾き語りをしたいという人は是非ご活用してみて下さい。